2015阪神ドラフト全選手紹介!出身高校や大学等の経歴や成績

スポンサードリンク

 

速報!2015年ドラフト会議が終了しました!金本新監督

阪神に入団する選手は以下の六人です

1位 高山 俊 外野手 明治大学
2位 坂本 誠志郎 捕手 明治大学
3位 竹安 大知 投手 熊本ゴールデンラークス
4位 望月 惇志 投手 横浜創学館
5位 青柳 晃洋 投手 帝京大学
6位 板山 祐太郎 外野手 亜細亜大学

ということで選手全員の経歴をまとめたいと思います

 

1位 高山 俊外野手

takayama

金本新監督が今回くじで当てたのは高山俊外野手

千葉県船橋市出身で、高校時代は日大三校で一年生の時からレギュラーとして活躍していました。甲子園でも活躍し、高校通算32本塁打。甲子園通算.414(58打数24安打)3塁打5本、本塁打2本と大活躍でした。その後明治大学に進学し、六大学野球でヒットを量産し続けます。

特筆すべきはそのヒットの数で、一年生からレギュラーとして活躍し、リーグでで積み重ねたヒットの数はなんと131本!高田繁氏が持っていた通算安打数リーグ記録を48年ぶりに更新した、6大学野球史上最高のヒットメーカーです。

守りもよく、マートン選手が退団するのなら外野が手薄になる阪神では即戦力として期待されます。

 

2位 坂本 誠志郎捕手

坂本 誠志郎

一位の高山選手と同じ明治大学出身のキャッチャーで、高校は履正社。頭脳は捕手として知られています。大学通算2本塁打で34打点、通算打率は二割そこそこと、現段階ではバッティングに課題が残ります。

スカウト評も阪神のみでほかの球団はほぼノーマークということですが、2位指名なのでスカウトの目に留まるだけの捕手としての能力あがあると思われます。

現在阪神の正捕手候補としては梅野選手が挙げられ、ほかにも小宮山選手や清水選手がいますが、その中に割って入ることができるでしょうか。

 

3位 竹安 大知投手

竹安 大知

今回唯一の社会人での指名。静岡の伊東商高から熊本ゴールデンラークスという球歴です。

高校名すらも知らない人は多いのではないのでしょうか。それもそのはず、竹安選手が伊東商高でエースとして活躍した2012年、伊東商高が成し遂げた快挙は「27年ぶり県大会出場で8強入り」決して強い高校とは言えません。

社会人時代の第85回都市対抗野球では6回を投げ4奪三振で防御率が1.50。球歴は華々しいものではないですが、140キロ台半ばのキレのある直球はスカウトの目に留まるには十分だったよう。

スポンサードリンク

4位 望月 惇志投手

望月 惇志

今回唯一の高校生からの指名は、横浜創学館の望月 惇志選手。188センチの上背から投げ下ろす最速148キロの快速球が最大の魅力です。

夏の予選は10回を投げ奪三振6の防御率4.50とあまりぱっとしないが、7球団のスカウトが見に来るほどの注目選手で、巨人やDeNAのスカウトも2~3年後に体ができれば楽しみな選手と語っています。

未来のエースとなれるでしょうか。

5位 青柳 晃洋投手

青柳 晃洋

今年の阪神の五位指名は川崎工科高校から帝京大学に進んだ青柳 晃洋選手。

サイドスローから放たれる最速143キロのストレートと、多彩な変化球が魅力の選手です。2015年秋の大学野球では34.2回を投げ防御率1.30と大車輪の活躍を見せています。

6位 板山 祐太郎外野手

itayama

成立学園高校から亜細亜大学に進み今年阪神に六位指名を受けたのは板山 祐太郎選手。

大学二年までは内野手であったが出場機会を求めて二年春に外野手に転向。それまではあまり目立たなかった打撃成績も徐々に上昇し、4年春の打率は.364。

いまだ発展途上の素材型大卒選手と言えるでしょう。

スポンサードリンク

 

自サイトおすすめ記事一覧!

都道府県名の苗字ランキング!一番多いのは山口さん?石川さん?

徒歩での北極探検家荻田泰永の経歴や大学、結婚、過去の冒険など

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ