巨人高木勇人、オムハヤシ(オムライス)の由来や新人王の可能性

スポンサードリンク

巨人高木勇人、オムハヤシ(オムライス)の由来や新人王の可能性

girl_heart[2]高木選手がやっと調子を取り戻してくれて、またあのヒーローインタビューが聞けるよ!

boy03_smile高木選手?ああ、読売ジャイアンツの高木勇人投手だね。たしか開幕五連勝とかして春先に話題になってたよね。

girl_thinkそこからしばらく勝てなくて・・・

boy01_laughまあ運が悪かったなあっていう印象かな。今日は高木勇人選手に注目してみたよ。

 

boy_question[2]そういえば、高木勇人選手ってネット(なんJ)ではオム高木とか言われているけど、なんでなんだろう。

girl01_laughえへん!説明しよう!

 

高木勇人選手は2015年に巨人に入団したルーキーの投手なんだけど、去年まで巨人には高木康成投手と高木京介投手っていう二人の投手がいたんだ。二人ともよく一軍の試合に出てくるしややこしいから巨人の入団年に合わせて高木康成選手が「旧高木」、高木京介選手が「新高木」っていうあだ名で呼ばれていたんだけど、2015年になって高木康成選手が退団して高木勇人選手が入団したんだ。高木京介選手については「新高木」っていうあだ名が定着しちゃってるから、今更高木京介選手を「旧高木」って呼ぶことなんかできない。だから高木勇人選手には独自のあだ名が必要だったんだけど、名前の勇人からあだ名を作ろうとしたら、ジャイアンツのスター選手である坂本勇人選手とかぶっちゃうんだ。だから名前とは全く関係のないところから高木選手のあだ名をつけなきゃいけなくなるのね。そこで白羽の矢が立ったのが彼のヒーローインタビュー。ちょっと天然な人だから毎回毎回何か名言を残してくれるんだ。2回目ぐらいのヒーローインタビューで「僕は僕です」って言ってしばらくは「僕高木」なんて呼ばれたりもしたけど、4連勝目のヒーローインタビューが一番インパクトが大きかったんだ。ファンの皆さんに一言なんて聞かれて、「いつも、ありがとうございます・・・おかげさまで・・・勝てました・・・」って言った後しばらく言葉に詰まってから「後、今日、寮に寮長いるんですけど勝ったらオムハヤシを作ってくれるって言ってたので、オムハヤシをあした食べます。」って言ったんだ。どうでもいいでしょ(笑)そこからオム高木ってあだ名になったんだ。その時の動画がこれね。

boy_sleep長い、三行

 

girl03_smile旧高木
       新高木
       オム高木

 

boy03_smileそういえばルーキーだったよね。オムたかぎ選手は新人王になれそうなの?

girl01_laugh結構近いところにいるよ。でも強力なライバルがいるんだ。DeNAの守護山崎康晃投手だね。9月2日現在の成績を載せるよ。

山崎康晃投手


 
所属球団
 

 

 





 





 

 


 
 



 

 

 

 



 




2015 横浜DeNA 53 2 3 34 7 0 0 0 .400 199 52   34 2 11 1 62 4 1 11 11 1.90

スポンサードリンク

オムハヤシ投手


 
所属球団
 

 

 





 





 

 


 
 



 

 

 

 



 




2015 読  売 22 8 8 0 0 1 1 0 .500 605 148   125 12 42 6 116 4 0 52 46 2.80

 

girl_question[2]どう思う?

boy_think平たく言えば34セーブvs8勝か。オムライス選手の防御率2.80も決して悪い数字じゃないはずなんだけど、山崎選手の1.90はクローザーであることを考えてもすごいなあ・・・正直このままだったら新人王は山崎選手な気がする。

girl01_laugh私もそう思うかな。8:2くらいで山崎選手だと思う。でも、ここから例えばジャイアンツが優勝して、その大事な試合でオムレツ選手が勝ったりしたら、オムそば選手は新人王を取れると思う。私は最後まで望みを捨てないもん!がんばれ!焼きそば!

300px-ZaruSoba2

最終的によくわからなくなりました・・・

スポンサードリンク

 

自サイトおすすめ記事一覧!

都道府県名の苗字ランキング!一番多いのは山口さん?石川さん?

徒歩での北極探検家荻田泰永の経歴や大学、結婚、過去の冒険など

 

One Response to “巨人高木勇人、オムハヤシ(オムライス)の由来や新人王の可能性”

  1. […] うるせーなー、巨人の高木選手についてあんなに長文で語ってたやつのどこが6歳だ! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ